ブラウンベアクルーズ Brown Bear Cruise

知床先端部の海岸を小船で探索。 ヒグマの行動を長時間観察撮影します。

We are going to scan the shoreline of Shiretoko, and observe behavior of Brown Bears for long time.

集合場所:羅臼町 鷲の宿 シマフクロウオブザバトリー 
Meeting Point: Washinoyado/Fish-Owl Observatory Rausu
集合時間:午後12時30分 (天候により変更される可能性有り)
Meeting Time: 12:30PM (It can be changed due to bad weather.)
出航場所:相泊港(羅臼市街から車で30分)
Departure: Port of Aidomari (30min. drive from Rausu)
航海時間:4時間前後(波と天候状況により短縮される事があります。)
Duration: 4 hours. (We may come back eariler in case of bad weather.)
出航予定日: 4月29日ー9月10日
Date: April 29th - Sept.10th
料金(税込):合計人数により料金が変わります。

2名様の場合  一名 18,000円

3名様の場合  一名 15,000円

4名様以上    一名 13,000円
Fare: The fare canges by the total number of guests.

For 2 guests 18,000Yen/guest

For 3 guests 15,000Yen/guest

For 4 guests and more 13,000Yen/guest

(Cash payment on the cruise day. No deposit is required.)
最小催行人数 2名、  最大人数 9名
Min. 2 guests. Max. 9 guests.


予約:予約申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXまたはeメールにてお送り下さい。手書き記入したものを写真に撮って送っていただいても結構です。
Reservation: Fill the reservation form and send us by e-mail or fax.
FAX 0153-27-1435    e-mail office@enonokanature.sakura.ne.jp



ご予約状況 Status of Reservation






クルーズの詳細  Details of Cruise


トイレ休憩

Toilet Breaks.
船には簡易なトイレがあります。 クルーズの途中で、波の静かな湾内に入り、トイレ休憩を行います。 上陸することはできません。 クマが近くに居る場合を除いて飲食可能ですので、飲み物、おやつ等、ご自由にご持参ください。
Our boat has a toilet. We are going to make toilet breaks in a calm bay for several times. But, we can not land on the shore due to the regulation of park . Please bring drink and snack as you like. We can eat and drink anytime, if there is no brown bear around the boat.



天候と出航時間、前日の宿泊地など
Weather, Departure time and Hotel of Previous Day
知床半島先端部は天候が不安定な海域です。 小さな船を使用するため、天候によって出航時間が変更になることがあります。 特に5月と9月は風の強い日が多く、欠航率が高くなります。 急な変更に対応できる様、出航前日と当日は、できる限り羅臼に宿泊されることをお勧めいたします。
The weather condition of tip of Shiretoko Peninsula is unstable. As we use a small boat, weather condition may force us to change the departure time . We suggest all guests to stay in Rausu on the previous night. In May and Sept., the weather is more unstable, and cruises are more often cancelled. Guests would be better to stay in Rausu more than 2 nights. Seasickness is generally much easier than whale watching cruises, as we will not get out in rough condition.


十分なクルーズ時間
Duration of Cruise
羅臼のヒグマクルーズは通常2時間半程度です。 相泊港から知床半島の先端部まで往復で2時間程度ですので、ヒグマの現れる地点にもよりますが、ヒグマを観察できるのは、30-40分程度のことが多いようです。 手軽にヒグマを観察したいというお客様には、ちょうど良いクルーズですが、しっかり写真を撮影したいという方には短いと感じるかもしれません。 エノノカネイチャーガイドでは、写真撮影の方がにも十分満足していただける4時間のクルーズを用意いたしました。 途中で天候が悪化した場合、安全のためクルーズを短縮する場合がありますことをご了承ください。
Most of brown bear tours in Rausu are short cruise of 2- 2.5hours. As it often takes about 2 hours for the round trip to the tip of peninsula, guests may have only about 30-40min to face to brown bears. This might be good enough for general tourist but would be too short for serious photographers and nature lovers. We provide special boat tours of 5-6 hours duration to keep enough time for photography. An English-speaking wild-life photographer/naturalist is usually onboard and optimize the position and direction of the boat. In case of bad weather, we may have to return to the port earlier.


気温と服装
Temperature and Clothes
5-9月の昼間の気温は10-25度ですが、海水の温度は常に気温より10度程度低い状態です。 船が止まれば暖かく、走れば寒く感じます。 どの季節でも、必ず風を通さない上着をご持参ください。 風向きによってしぶきがかかることがありますので、上下とも防水性の高い服装が適しています。
The air temperature is generally 10-25 C. But sea water is always colder by about 10 C. It means that you may feel much colder, when the boat is running. you would better to bring extra clothes in any season. Depend on wind direction, guests may have water splash. Water proof clothes would be recommended especially in a windy day.


ヒグマとの距離
Distance to Bears
5-6月は、ヒグマが急斜面の植物を食べていることが多く、船との距離は100m程度のことが多くなります。 写真撮影には、やや遠めですが、双眼鏡で目線や手の細かい動きを観察するには十分な距離です。 8-9月にはヒグマは海岸線に長い時間滞在し、カラフトマスを捕りに湾内を泳ぐこともあります。 船は、樋具あから100m程度の距離に停船しますが、餌を探すヒグマがさらに近くまで移動してくることもあります。
In spring season(May-June), the average distance to bear is about 100m. This is slightly far for closeup photography, but it is close enough to observe their behavior by binocular. In Aug. and Sept, we can get closer to them. Bears mostly stay on shoreline and swim into bay to catch salmon. Our boat stay about 100m away from a bear initially. As bears walk and swim for searching foods, they often come closer to us.


レンズとカメラの選択
Choice ofLens and Camera
撮影は常に船の上からとなります。 よほど風の弱い日以外は、揺れのため三脚がうまく使用できません。 手持ち可能な500㎜か600㎜程度の望遠レンズとAPSボディー、あるいは4000万画素以上のフルサイズボディの組み合わせがお勧めです。
As we are going to shoot from a small boat, big lenses with tripod may not work well in a windy day. A 500 or 600mm class zoom lenses of handheld with cropped body often get better results.