インターネットの映像や文字情報ではなく、実際に美しい自然や野生動物に出会うことでしか分からない、感じられない、多くの事があります。 現実の自然や野生動物との出会いを通して世界中の人々に深い学びを提供していく事が、エノノカ ネイチャーガイドの大きな目標です。
知床根室地域では、一年を通して大型の野生動物と出会うことができます。 しかし、野生動物のほとんどが人間の活動に深く関係し、かなりの程度依存して生きているのが現実です。 希少な野生動物と人間活動の共存は知床根室地域の大切な文化です。 エコツーリズムを通じて根室地域の活性化を計ることが、この共存文化を維持し、野生動物を永続的に守っていく仕組みに繋がっていくと考えています。


We can obtain a lot of information and images through internet. But there are still many knowledges and feeling we cannot get without standing in the middle of real great nature. Our mission is to providing opportunities of deep learning through real experiences of our beautiful nature.
In Shiretoko-Nemuro, we can meet many big wildlife year-round. Most of them are not independent, but deeply depending on or related to human activities. The co-existence with big wildlife is an important culture of our region to maintain the population of endangered animals. We think that making our culture known to general public through eco-tourism is an important factor to sustain our wildlife for generations.